橋本徹のカフェ・アプレミディ/フリー・ソウル/サバービア

dublab.jpでスタートした橋本徹(SUBURBIA)選曲/パーソナリティーのインターネット・ラジオ番組「suburbia radio」の最新回が10/17放送&9/19放送分までのすべてのアーカイヴ公開!

世界中の音楽ファンから厚い信頼と人気を得ているアメリカLAの非営利インターネット・ラジオdublabの日本ブランチdublab.jpで2017年8月にスタートした、橋本徹が選曲/パーソナリティーを務めるレギュラー・プログラムsuburbia radioの最新回(選曲リストも掲載されています。特集は11/3レコードの日にリリースされる橋本徹・監修の7インチ5タイトルとジェイミー・アイザック〜プーマ・ブルー来日記念サウス・ロンドン案内第3弾)が、10/17(水)21時から23時まで渋谷・カフェ・アプレミディより配信されます。また、dublab.jpのMixcloudで9/19放送分(特集はアレサ・フランクリン&マック・ミラー追悼と「Harvest Moon」名カヴァー選)〜8/15放送分(特集は“2018 Mellow Summer Madness”と“New Ambient Generation”)〜7/18放送分(特集はマイケル・セイヤー『Bad Bonez』日本盤CD化を記念した“Summer Soul 2018”とバレアリック・チルアウトの伝説ホセ・パディーヤ/カントマと橋本徹の相次ぐDJ共演を祝した“Good Mellows 2018”)〜6/20放送分(特集はトム・ギャロ『Tell Me The Ghost』世界初CD化記念プライヴェイト・ガーデン・ライヴとモーゼス・タイワ・モレレクワ『Genes And Spirits』日本盤CDリイシュー記念サウス・アフリカとサウス・ロンドンの蜜月第2弾)〜5/16放送分(特集は「Free Soul 90s」アナログ・コレクションと南アフリカのクワイト〜ジャズ)〜4/18放送分(特集は待望の初来日を記念してソウル・レジェンドLeroy Hutson再考とSilvia Perez Cruzを始めとするカタルーニャ音楽)〜3/22放送分(特集はserpentwithfeetやMichael SeyerからTom MischやNubya Garciaまで2018ブライテスト・ホープ)を聴くことができます。そして、それ以前のすべての「suburbia radio」の模様もアーカイヴ公開されていますので(2/21放送分1/24放送分12/20放送分11/15放送分10/25放送分9/27放送分8/16放送分)、ぜひお聴きください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

10/15より「usen for Cafe Apres-midi」で“2018 Autumn Selection”選曲スタート&セレクター・コメント更新!

株式会社USENの音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」は、10/15に選曲リストおよび選曲家コメント「Voice of “usen for Cafe Apres-midi”Crew」が更新されました。詳しくは「usen for Cafe Apres-midi」ホームページをご覧ください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)のDJ情報!

10/9(火)20時から翌2時まで渋谷・Bar Musicにて「ジェイミー・アイザック来日公演アフター・パーティー」with:ジェイミー・アイザック/マックスウェル・オーウィン/haraguchic/Sakujay
10/12(金)20時から翌1時まで渋谷・カフェ・アプレミディにて「Friday Lounge」with:Kaga/shunhoriki/yanfuji
10/13(土)19時から23時まで渋谷・カフェ・アプレミディにて「Sweet Saturday」with:NARU/KITADE
10/14(日)17時から19時まで江の島・シーキャンドル サンセットテラスにて「夕陽と海の音楽会」with:shiba@FreedomSunset(ライヴ)
10/17(水)21時から23時まで渋谷・カフェ・アプレミディにて「dublab.jp suburbia radio 公開放送」
10/19(金)19時から21時半まで青山・doinelにて「音楽と角打ち」with:ensemble 0(ライヴ)
10/19(金)20時から翌1時まで渋谷・カフェ・アプレミディにて「Friday Lounge」with:吉晴/DJ Pigeon/Wataru Sakuraba/maa
10/20(土)20時から24時まで渋谷・Bar Musicにて「Suburbia Suite EP/Free Soul 90s 7inch Collection/Roger Nichols Works 7inch Box リリース記念前夜祭」with:松田岳二/aribo/中村智昭
10/21(日)15時から20時まで新宿・THE KNOT TOKYOにて「TKTS -PARK WEST AFTERNOON-」with:最高の夏/DJ Emerald/Sakujay/shunhoriki

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Spotifyで橋本徹(SUBURBIA)選曲の新規プレイリスト「Free Soul 2018 Best ~ Third Quarter」「Cafe Apres-midi 2018 Best ~ Third Quarter」「Free Soul Tribute To Aretha Franklin」「Cafe Apres-midi Tribute To Aretha Franklin」「Free Soul meets Good Mellows〜夕陽と海の音楽会」「Cafe Apres-midi meets Good Mellows〜夕陽と海の音楽会」公開&集大成プレイリスト「Free Soul 500」「Cafe Apres-midi 500」季節更新!

橋本徹が大充実の2018年第3四半期を振り返り、Spotifyに音源のあった特に好きな作品をFree Soul〜Cafe Apres-midiとテイスト別に90曲ずつプレイリストにまとめた「Free Soul 2018 Best ~ Third Quarter」「Cafe Apres-midi 2018 Best ~ Third Quarter」が公開されました(第1四半期と第2四半期をまとめた「First Quarter」編と「Second Quarter」編も併せてどうぞ)。また、8/16に惜しくも亡くなったクイーン・オブ・ソウルことアレサ・フランクリンの偉大な功績を讃える追悼プレイリスト(他アーティストによるカヴァーやオマージュも含む)「Free Soul Tribute To Aretha Franklin」「Cafe Apres-midi Tribute To Aretha Franklin」も公開されています。さらに、8/11にホセ・パディーヤをゲストに迎え共演した江の島・シーキャンドルサンセットテラスで開かれた「夕陽と海の音楽会」の選曲をイメージして、『Good Mellows』コンピ10枚からSpotifyに音源のあった約6割をプレイリストにまとめた「Free Soul meets Good Mellows〜夕陽と海の音楽会」「Cafe Apres-midi meets Good Mellows〜夕陽と海の音楽会」も公開中。そして、季節更新の集大成プレイリスト「Free Soul 500」「Cafe Apres-midi 500」も2018オータム・セレクションにアップデイト。いずれも特設サイト「Free Soul / Cafe Apres-midi Special Site」からお聴きいただけますので、ぜひお楽しみください!

https://www.jp.playstation.com/psn/playstation-music/special/freesoul-cafeapresmidi/

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹 (SUBURBIA) のUNITED ARROWS green label relaxingウェブサイト連載コラム「音楽のある風景」更新!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

J-WAVE30周年記念番組「LEXUS TOKYO TREASURE」で橋本徹(SUBURBIA)のDJミックスが9/24オンエア!

9/24にJ-WAVE特番「LEXUS TOKYO TREASURE」で13時頃から、橋本徹が“ドライヴに合う”というテーマで制作した20分強のDJミックスがオンエアされますので(他にテイ・トウワ/tofubeatsのDJミックスも)、ぜひお聴きください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

USENのFree Soul専門チャンネル「usen for Free Soul」開設&9/1選曲更新!

株式会社USENの音楽放送で待望されていたFree Soul専門チャンネル「usen for Free Soul」(C-61)が2014年夏に開設され、9/1にセレクションが新規更新されています。もちろん監修・選曲は橋本徹 (SUBURBIA) 、24時間365日、グルーヴィー&メロウな名曲ばかりが流れるFree Soulファン歓喜の音楽ステイションです。「usen for Cafe Apres-midi」(D-03)とそのセレクター・コメントともども、ぜひお楽しみください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

アプレミディ・レコーズ単体アーティスト新作が7/27リリース!

アプレミディ・レコーズの単体アーティスト作品第17弾として、「21世紀版シュギー・オーティス×マイケル・フランクスのような絶妙のセンス」と絶賛されるカリフォルニアの若き男性シンガー・ソングライター/トラック・メイカー/マルチ・プレイヤー、マイケル・セイヤーが2018年春に配信&カセットで発表した傑作アルバムの待望のCD化となる『Bad Bonez』が7/27にリリースされます。揺らぐエレピのメロウネス、溶けだすようなスウィート・サイケデリア、甘美にとろける極上のローファイ・ベッドルーム・ソウル〜チルアウト・AORの新名盤で、「マック・デマルコやホームシェイクのような脱力感が気持ちいいメロウなローファイ・ポップ」「ほのかなブラジル風味の西海岸インディー・R&B」「中毒性の高いシロップ・ポップ」などとメディアやSNSで高感度の音楽好きに熱狂的に支持されており、フランク・オーシャンやモーゼス・サムニー、ベニー・シングスやモッキー、トミー・ゲレロから坂本慎太郎のファンにまで幅広くおすすめの幽体離脱的な白日夢サウンドです。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R『Best Of Suburbia Radio Vol.12』をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいCDの内容は、マイケル・セイヤーの魅力やシーンにおける立ち位置を丁寧にひもといたライナーノーツ「Voices Of “usen for Cafe Apres-midi” Crew」(橋本徹のパート)UNITED ARROWS連載コラム「音楽のある風景」をご覧ください!をご覧ください!

Michael Seyer『Bad Bonez』(¥2,200+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Michael Seyer『Bad Bonez』(¥2,200+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)の2018年上半期のベスト・アルバム50+10枚とよくセレクトした350曲のリスト掲載!

橋本徹の選んだ2018年上半期ベスト・セレクション(増補版)が[Toru Hashimoto Blog(7/1)]に掲載されていますので、Spotifyプレイリスト「Free Soul 2018 Best ~ First Quarter」「Cafe Apres-midi 2018 Best ~ First Quarter」「Free Soul 2018 Best ~ Second Quarter」「Cafe Apres-midi 2018 Best ~ Second Quarter」と共に、ぜひお楽しみください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

アプレミディ・レコーズ単体アーティスト新作が6/29リリース!

アプレミディ・レコーズの単体アーティスト作品第16弾として、2001年に27歳で夭逝した南アフリカ・ジャズ・ピアニストの最高峰と讃えられる伝説的存在、モーゼス・タイワ・モレレクワが1998年に発表した歴史的大名盤『Genes And Spirits』が6/29にリリースされます。チューチョ・ヴァルデス(キューバ)/フローラ・プリム(ブラジル)/ブリス・ワッシー(カメルーン)らをゲストに迎え、ジャズ〜アフロ〜カリビアン〜クワイト〜ブロークンビーツ〜ドラムンベース〜ソウル〜レゲエなど多種多様な要素をアフリカならではの大らかな包容力と生命力、真摯なスピリチュアリティーで表現した、あまりに素晴らしい大傑作。20年前の作品でありながら現在進行形でダラー・ブランドやヒュー・マセケラから隆盛する現代の南ア・ジャズまでをつなぐ“Kwaito Jazz”の金字塔で、90年代以降のクワイトを始めとする南アフリカのクラブ・ミュージックを踏まえたジャズのエポックメイキングな最重要作です。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R『Best Of Suburbia Radio Vol.11』をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいCDの内容は、柳樂光隆が『Genes And Spirits』の唯一無二の魅力と立ち位置を丁寧にひもといたオルタネイト・ライナーノーツ(より詳しい解説はやはり氏が担当したCDブックレット掲載のライナーノーツをご参照ください)と「Voice of “usen for Cafe Apres-midi” Crew」(橋本徹のパート)UNITED ARROWS連載コラム「音楽のある風景」をご覧ください!

Moses Taiwa Molelekwa『Genes And Spirits』(¥2,300+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Moses Taiwa Molelekwa『Genes And Spirits』(¥2,300+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

アプレミディ・レコーズ単体アーティスト新作が6/15リリース!

アプレミディ・レコーズの単体アーティスト作品第15弾として、この春に配信限定で発表された直後にモーゼス・サムニーが絶賛し、早くもベン・ワット〜ホセ・ゴンザレス〜デヴェンドラ・バンハート〜スフィアン・スティーヴンス〜ジャスティン・ヴァーノン(ボン・イヴェール)〜チガナ・サンタナ好き必聴と様々なメディアで高い評価を得ている、米国はニューイングランド出身の男性シンガー・ソングライター、トム・ギャロのファースト・アルバム『Tell Me The Ghost』が6/15にリリースされます(もちろん世界初CD化!)。古びたアコースティック・ギターを抱え独り、質素なマイクロフォンで吹き込まれたモノクロームのファンタジー。その素晴らしさにミックスを買って出たのは、あのチャド・ブレイク(トム・ウェイツ〜U2〜スザンヌ・ヴェガ〜エルヴィス・コステロなどを手がけ、ラテン・プレイボーイズとして活躍するエンジニア/プロデューサー)。現実と夢のあわいを揺らめく音像と、淡々と哀しみさえ甘美にささやかれるような歌声が、どこまでも優しく深い陰影に富んだ正真正銘の名作です。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R『Best Of Suburbia Radio Vol.10』をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいCDの内容は、トム・ギャロの魅力やシーンにおける立ち位置が過不足ない言葉で丁寧に綴られたライナーノーツ「Voice of “usen for Cafe Apres-midi” Crew」(橋本徹と武田誠のパート)UNITED ARROWS連載コラム「音楽のある風景」をご覧ください!
6/20放送の「dublab.jp suburbia radio」で、番組のために録り下ろされたトム・ギャロのプライヴェイト・ガーデン・ライヴが聴けますので、ぜひお楽しみください!

Tom Gallo『Tell Me The Ghost』(¥2,300+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Spotifyで橋本徹(SUBURBIA)選曲の集大成プレイリスト「Free Soul 500」「Cafe Apres-midi 500」選曲更新&新規プレイリスト「Essential Free Soul Motown」「MPS for Cafe Apres-midi」「Free Soul Leroy Hutson」「The Beach Boys for Cafe Apres-midi」「Free Soul 2018 Best ~ First Quarter」「Cafe Apres-midi 2018 Best ~ First Quarter」公開!

Spotifyの季節更新の集大成プレイリスト「Free Soul 500」「Cafe Apres-midi 500」の2018サマー・セレクションが公開されました。また、ポップ・ミュージック史上に燦然と輝くモータウン・サウンド黄金期の至宝を集めた「Essential Free Soul Motown」と、ジャズ史上に燦然と輝くドイツの名門レーベルMPS黄金期の珠玉を集めた「MPS for Cafe Apres-midi」も公開されています。祝・初来日公演、ジャズの意匠やラテン的なリズム・ニュアンスもまとったアーバン・メロウなソウル・ミュージックでFree Soulの心髄を担ったリロイ・ハトソンの至高の名作を30曲選りすぐった「Free Soul Leroy Hutson」と、ブライアン・ウィルソンの天才と内省を讃え、デニス・ウィルソンの熱情を偲んだ60~70年代のビーチ・ボーイズの83曲におよぶ至上の名曲集「The Beach Boys for Cafe Apres-midi」、橋本徹が大充実の2018年第1四半期を振り返り、特に好きな作品の中からFree Soul〜Cafe Apres-midiとテイスト別にSpotifyに音源のあった100曲ずつをプレイリストにまとめた「Free Soul 2018 Best ~ First Quarter」「Cafe Apres-midi 2018 Best ~ First Quarter」も公開中。特設サイト「Free Soul / Cafe Apres-midi Special Site」からお聴きいただけますので、ぜひお楽しみください!
※「Essential Free Soul Motown」のライナーノーツ代わりに、橋本徹がモータウンへの思いを寄稿した『Ultimate Free Soul Motown』ライナーノーツ&全曲解説も、ぜひお読みください!
※「The Beach Boys for Cafe Apres-midi」のライナーノーツとして、橋本徹がビーチ・ボーイズへの思いを寄稿したコラム「音楽のある風景」も、ぜひお読みください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)監修の「Free Soul 90s〜スペシャル・7インチ・コレクション Vol.1」が5/16リリース!

累計セールス120万枚を越える大ヒット・コンピ・シリーズ“Free Soul”のスピンアウト企画として2016年にリリースされ大好評を博したCD『Ultimate Free Soul 90s』から、選りすぐりの人気曲をダブルAサイドにカップリングした7インチ4タイトルが5/16にリリースされます。ポップ・ミュージック〜クラブ・ミュージックの黄金期90年代を彩った正真正銘の大名作ばかり(4枚の内容はこちらをご覧ください)。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R『Best Of Suburbia Radio Vol.5-9』の中からお買い上げ枚数に応じた枚数のCD-R(4枚の7インチに加えコンピCD『Ultimate Free Soul 90s』もお買い上げになると最大5枚)をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいレコードの内容は、UNITED ARROWS連載コラム「音楽のある風景」をご覧ください!
※「Free Soul 90s」の詳しい紹介は、『Ultimate Free Soul 90s』リリース時に行われた、橋本徹(SUBURBIA)×柳樂光隆(Jazz The New Chapter)×山本勇樹(Quiet Corner)によるトーク・イヴェントの詳細レポート(トークに登場した楽曲のYouTube音源付き!)を、ぜひお読みください!
※リリースを記念して、5/20(日)17時から20時まで二子玉川・蔦屋家電にて橋本徹/松田岳二/柳樂光隆/Flight Free Soulクルーによるトークショウ&DJパーティーも行われますので、お楽しみに!

D'Angelo/Erykah Badu『Brown Sugar c/w On & On』(¥1,800+税/7インチ・レコード)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

D'Angelo / Erykah Badu『Brown Sugar c/w On & On』(¥1,800+税/7インチ・レコード)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Lenny Kravitz/Mary J. Blige『It Ain't Over Til It's Over c/w Real Love』(¥1,800+税/7インチ・レコード)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Lenny Kravitz / Mary J. Blige『It Ain't Over 'Til It's Over c/w Real Love』(¥1,800+税/7インチ・レコード)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

The Cardigans/Frankie Knuckles『Carnival c/w The Whistle Song (Paul Shapiro Supreme 7" Mix)』(¥1,800+税/7インチ・レコード)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

The Cardigans / Frankie Knuckles『Carnival c/w The Whistle Song (Paul Shapiro Supreme 7" Mix)』(¥1,800+税/7インチ・レコード)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Incognito/Urban Species『Still A Friend Of Mine c/w Spiritual Love』(¥1,800+税/7インチ・レコード)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Incognito / Urban Species『Still A Friend Of Mine c/w Spiritual Love』(¥1,800+税/7インチ・レコード)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

V.A.『Ultimate Free Soul 90s』(¥2,750+税/3枚組)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

V.A.『Ultimate Free Soul 90s』(¥2,750+税/3枚組)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

※「Free Soul 90s」を特集して、FM NORTH WAVEで5/26(土)19時から20時まで、橋本徹・選曲のノンストップ・ミックスがオンエアされますので、お楽しみに!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Spotifyで橋本徹(SUBURBIA)選曲の「Free Soul 500」「Cafe Apres-midi 500」スプリング2018スタート&Nujabesトリビュート・プレイリスト2種と2017ベスト・セレクションをテーマにしたプレイリスト6(4+2)種公開!

Spotifyで季節更新の集大成プレイリスト「Free Soul 500」「Cafe Apres-midi 500」の2018スプリング・セレクションが公開されました。また、今なお世界的に熱い支持とリスペクトを受け、橋本徹が最も信頼する音楽仲間のひとりだったNujabesへのトリビュート・プレイリスト「Free Soul Nujabes」「Cafe Apres-midi Nujabes」も、Spotifyに音源のあったHydeout Productionsの全作品を使用して制作・公開されています。さらに、大豊作の2017年を振り返り、橋本徹が特に好きな曲を集めてテイスト別に全4編のプレイリストにまとめた「Free Soul 2017 Best ~ Side-A」「Free Soul 2017 Best ~ Side-B」「Cafe Apres-midi 2017 Best ~ Side-A」「Cafe Apres-midi 2017 Best ~ Side-B」に続き、アナログ盤から選ばれた新たなグルーヴィー/メロウ2編「2017 Best Tracks on Vinyl by Free Soul」「2017 Best Tracks on Vinyl by Cafe Apres-midi」も公開中。特設サイト「Free Soul / Cafe Apres-midi Special Site」からお聴きいただけますので、ぜひお楽しみください!
※橋本徹が選んだ2017年のベスト・アルバム50枚とそれ以外の作品からのフェイヴァリット300曲[Toru Hashimoto Blog(12/17)]とアナログ盤で購入してよくDJプレイしたベスト・トラック147曲[Toru Hashimoto Blog(1/4)]も紹介されていますので、ぜひご覧ください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

アプレミディ・レコーズ単体アーティスト新作が2/25リリース!

アプレミディ・レコーズの単体アーティスト作品第14弾として、しなやかでナチュラルなサウダージ香る歌声とニュアンス豊かな洗練されたアレンジメントが素晴らしい、知性と野性が伸びやかに混じり合い深い叙情性が生まれる、稀代のブライテスト・ホープにしてアフロ・ブラジリアン・ビューティー、ルエジ・ルナ(Luedji Luna)の傑作デビュー・アルバム『Um Corpo No Mundo』が2/25にリリースされます。昨年暮れに出た輸入盤ですでに早耳リスナーの間では話題沸騰、“サンパウロの宝石”という称賛の声と共に大評判になっている女性ヴォーカリストによるモダン・アフロ・ブラジレイロMPBの名盤です。豊潤なギターとパーカッションの柔らかでポリリズミックなアンサンブルに、絶妙なフィーリングを加えるジャジーなホーン・セクション、こまやかな陰影に富んだ躍動と輝きあふれるヴォーカルの存在感。アコースティック・メロウなシンガー・ソングライター好きにもぜひお薦めしたい、まろやかで生き生きとした、心動かされずにはいられない、いま最も素敵な音楽です。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R『Best Of 2017〜ラテン・アメリカの旅』(2枚組)をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいCDの内容は、ルエジ・ルナを筆頭にアフロ・ブラジルの伝統をモダン&ハイブリッドに再生させた名作が相次ぎ俄然注目高まるアフロ・ブラジレイロの新潮流を詳細に解説したライナーノーツUNITED ARROWS連載コラム「音楽のある風景」をご覧ください!
アルバム・タイトル曲「Um Corpo No Mundo」のMVも素晴らしいので、ぜひご覧ください!

Luedji Luna『Um Corpo No Mundo』(¥2,200+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)のGood Mellows×Hamon Radioスペシャル・インタヴュー掲載&『Good Mellows For Afterglow Meditation』リリース記念パーティーのHamon RadioによるYouTubeライヴ・ストリーミング映像公開!

12/17に由比ヶ浜のOcean Harvest Cocomoで行われた『Good Mellows For Afterglow Meditation』リリース記念パーティー(前半のウォームアップDJパート)の、ローンチされたばかりのインターネット・ラジオHamon Radioによるライヴ・ストリーミング映像がYouTubeで公開されましたので(16:30〜19:0017:20〜18:30パーティー・トレイラー)、ぜひご覧ください! またHamon Radioウェブサイトに橋本徹のGood Mellows×Hamon Radioスペシャル・インタヴューが掲載されましたので([Toru Hashimoto Blog(12/27)]にも先行掲載)、ぜひお読みください!
※『Good Mellows For Afterglow Meditation』のYouTube試聴用トレイラー全曲解説を掲載したライナーノーツもありますので(UNITED ARROWS連載コラム「音楽のある風景」でもこのCDについて書かれています)、ぜひご参照ください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)の2017ベスト・トラック147曲(アナログ編)掲載!

橋本徹がDJプレイしていたアナログ盤から2017年のベスト・トラック147曲を選んだ曲目リストが[Toru Hashimoto Blog(1/4)]に掲載されていますので、ベスト・アルバム50枚とそれ以外の作品からのフェイヴァリット300曲が紹介された[Toru Hashimoto Blog(12/17)]と2017年を振り返っての雑感が綴られた[Toru Hashimoto Blog(12/27)]と併せ、ぜひご覧ください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)の最新コンピが12/9先行入荷!

2015年春にスタートし国内から海外まで広く大絶賛・大好評を博している“Good Mellows”シリーズの、いよいよ通算10作目となる待望の新作コンピ『Good Mellows For Afterglow Meditation』が12/9に先行入荷します(リリース記念パーティーも12/9と12/17に)。今回も全14曲中12曲が世界初CD化、「余韻と瞑想のメロウな旅」をテーマに珠玉のアンビエント・ブレイクス〜バレアリック・ブリーズ〜フォーキー・バレアリカ〜フローティン・ハウス〜ジャジー・ビートダウン〜エスニック・ラウンジ〜オーガニック・エレクトロニカ〜スピリチュアル・メディテイションが80分以上にわたって連なる、極上・絶品のチルアウト・セレクションです(ラストにはNujabesの盟友Uyama Hirotoによるこのコンピレイションのための新録音源もエクスクルーシヴ収録!)。また、そのコンピCDの中から、特にレコードが入手困難だったりDJユースに向いた6曲を選りすぐったアナログEPも同時リリース。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、FJDアートワークによる“Good Mellows”のA3ポスターとコースターとポストカードと本の栞と栓抜き付きキーホルダー、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R(CD/EPどちらかの方には3枚組の『2017 Best Selection ~ Side A&B&C』、どちらもの方にはそれに加えて2枚組の『2017 Best Selection ~ Side D&E』)をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいCDとレコードの内容は、全曲解説を掲載したライナーノーツ[Toru Hashimoto Blog(12/7)]UNITED ARROWS連載コラム「音楽のある風景」をご覧ください!をご覧ください!
YouTube試聴用トレイラーもありますので、ぜひお聴きください!

V.A.『Good Mellows For Afterglow Meditation』(¥2,500+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

V.A.『Good Mellows For Afterglow Meditation』(¥2,500+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

V.A.『Good Mellows For Afterglow Meditation EP』(¥2,200+税/アナログ盤)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

V.A.『Good Mellows For Afterglow Meditation EP』(¥2,200+税/アナログ盤)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※このCDを特集して、FM NORTH WAVEで12/23(土)19時から20時まで、橋本徹・選曲のノンストップ・ミックスがオンエアされますので、お楽しみに!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)選曲の最新コンピ『Good Mellows For Afterglow Meditation』のYouTube試聴用トレイラー公開!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)のインタヴューがBAYCREW’SウェブサイトとRedbull Music Festivalウェブサイトに掲載!

BAYCREW’Sグループのニュー・ブランドBOICE FROM BAYCREW’Sのスタートを記念して、ローンチ・パーティーでDJも担当した橋本徹がSNS/インターネット時代のファッションと音楽の関係や「レコードの日」のリリース作品について語ったインタヴュー(前編後編)が公開されました。また、渋谷を舞台に開かれたRedbull Music Festival 2017を記念して、タワーレコードとの共同企画として“渋谷と〈90年代〉”をテーマにした橋本徹のインタヴューも、〈80年代〉=長門芳郎/〈00年代〉=MUROと共に掲載されていますので、ぜひお読みください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
WebShop from Toru Hashimoto(Suburbia) from Cafe Apres-midi from Apres-midi Selecao
Search
Feeds

Return to page top