Home > Archives > 2012-04

2012-04

橋本徹の『ブルー・モノローグ』全曲解説がHMVウェブサイトに掲載!

橋本徹 (SUBURBIA) 選曲の最新コンピ『ブルー・モノローグ Daylight At Midnight』について詳しく紹介した“橋本徹の『ブルー・モノローグ』全曲解説”が、特別付録『アナザー・ブルー・モノローグ』と共にHMVウェブサイトに掲載されていますので、ぜひご覧ください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹 (SUBURBIA) 選曲の最新コンピが4/27入荷!

待望のアプレミディ・レコーズからのニュー・リリースとなる新コンピ・シリーズ『ブルー・モノローグ Daylight At Midnight』がいよいよ4/27に入荷します。ニック・ドレイク〜ビル・エヴァンス〜ジェイムス・ブレイクを聖三角形に、目頭が熱くなるフォーク・ブルースから魂を揺さぶられるピアノ・ダブまで、切なくも安らかな陰影を刻む、いつか見た夢のようにリアルな21世紀の音宇宙。ニック・ドレイク「Northern Sky」/キングス・オブ・コンヴィニエンス「Homesick」/ファイヴ・ステアステップス〜ニーナ・シモン「Ooh Child」の素晴らしいカヴァーも含む、“すべてのジムノペディストに捧ぐ”79分59秒。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R『アナザー・ブルー・モノローグ』『Toru II Toru〜Spring 2012』の2枚をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいCDの内容は、[Toru Hashimoto Blog]のページをご覧ください!

V.A.『ブルー・モノローグ Daylight At Midnight』(¥2,286+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹 (SUBURBIA) 選曲の最新コンピが4/14先行入荷!

ピエール・バルーが映画「男と女」での成功とほぼ時を同じくして1966年に設立したフランス最古のインディー・レーベル、サラヴァ(ポルトガル語で“祝福あれ”の意)の半世紀にわたる偉大な歴史から、橋本徹が「サウドシズモ」をテーマに選りすぐりの名作を紡いだコンピレイション『モンマルトル、愛の夜。』に続き、「スピリチュアリズモ」をテーマにした兄弟編『サンジェルマン、うたかたの日々。』が4/14に先行入荷します。ジャズと左岸派シャンソンの美しい契り、サンジェルマン=デ・プレの青春群像の記憶を宿した、純度の高い精神性が息づく孤高の音楽、その試みに満ちた自由な表現の先に実を結んだ“一期一会の奇跡”が香り高く刻印されています。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R『ある晴れた春の日に』(Night & Dayの2枚組!)をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
[Toru Hashimoto Blog]のページに橋本徹によるライナーが掲載されていますので、ぜひご覧ください!

『サンジェルマン、うたかたの日々。』(¥2,500+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2012-04

WebShop from Toru Hashimoto(Suburbia) from Cafe Apres-midi from Apres-midi Selecao
Search
Feeds

Return to page top