Home > Archives > 2020-06

2020-06

アプレミディ・レコーズ単体アーティスト新作が6/19リリース!

アプレミディ・レコーズの単体アーティスト作品第20弾として、「21世紀版シュギー・オーティス×マイケル・フランクスのような絶妙のセンス」と絶賛されるカリフォルニアの若き才能、マイケル・セイヤーの配信&アナログ盤限定だった最新ミニ・アルバム(コンピ『Cafe Apres-midi Bleu』にセレクトされたメロウな西海岸産現行シティー・ポップとしても大人気の「I Can’t Dance」も収録)と現在入手困難な傑作セカンド・アルバムをカップリングした日本独自企画スペシャルCD『Nostalgia + Bad Bonez』が6/19にリリースされます。とろけるようなスウィート・サイケデリア、極上ローファイ・ベッドルーム・ソウル〜チルアウト・AORの逸品として、高感度の音楽好きから熱狂的に支持される両作品に収められた計19曲をコンプリートしたお得盤にして、マイケル・セイヤー本人監修のもとアートワークも新たに制作されたプレミアムな一枚で、フランク・オーシャンやベニー・シングスやモッキー、トミー・ゲレロから坂本慎太郎、さらには70年代のAORやシティー・ポップのファンにまで幅広くおすすめです。アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R『Best Of Suburbia Radio Vol.26』をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいCDの内容は、Michael Seyerライナーをご覧ください!

Michael Seyer『Nostalgia + Bad Bonez』(¥2,400+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Michael Seyer『Nostalgia + Bad Bonez』(¥2,400+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)選曲のカフェ・アプレミディ20周年コンピ『Cafe Apres-midi Bleu』についてのロング・インタヴューと全曲解説がHMVウェブサイトに掲載!

橋本徹が『Cafe Apres-midi Bleu』についてQuiet Cornerの山本勇樹とアプレミディ・レコーズ担当ディレクターの稲葉昌太との鼎談形式で詳細に語り合ったロング・インタヴュー収録曲の全曲解説が、HMVウェブサイトに掲載されました。今回のコンピCDの聴きどころやフィロソフィー(“Balcony Vibes”というコンセプトやスタイル・カウンシルからの影響など)が収録各曲のエピソードを混じえながらわかりやすく解説されているだけでなく、カフェ・アプレミディ・シリーズが始まってからの20年を振り返った、21世紀のカフェ・ミュージック/ライフスタイル・ミュージックをめぐる時代論・文化論としても読み応えがありますので、ぜひお読みください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2020-06

WebShop from Toru Hashimoto(Suburbia) from Cafe Apres-midi from Apres-midi Selecao
Search
Feeds

Return to page top