Home > Archives > 2020-05

2020-05

橋本徹(SUBURBIA)選曲の最新コンピ&アプレミディ・レコーズ単体アーティスト新作が共に5/29リリース!

HMV30周年×カフェ・アプレミディ20周年記念スペシャル企画として、5年ぶりの新規選曲によるカフェ・アプレミディ・コンピ『Cafe Apres-midi Bleu』が5/29にリリースされます。2010年代に生まれたアプレミディ・クラシックの中でも、特に愛された2020年代に伝えたいとびきりの20曲を収めた決定的な一枚で、オーガニック・メロウ・ソウルにフレンチ・アコースティック、AOR〜City Pop感覚のアーバン・メロウ・グルーヴにボッサでフォーキーなサウダージ・フィール、サマー・ブリージンなGood Mellowsに陽だまりメロウ・ビーツ、中南米やアフリカのハイブリッドSSWからアンビエント・バレアリカまで、ゴールデン・エラを彩った多様なジャンル/音楽スタイルからそれぞれを代表する選りすぐりの名品が82分にわたって連なる、「カフェ・ミュージックを再定義する」文句なしのシリーズ最高傑作(しかもカフェ・アプレミディ20周年オリジナル・ポスター付き!)。
また、アプレミディ・レコーズの単体アーティスト作品第19弾として、アルゼンチン・コルドバ出身のシンガー・ソングライターSanti BaravalleがBanti名義で配信のみで発表していた名作ファースト・アルバム『Proyecciones』も5/29にリリースされます(この日本盤CDが世界最初のフィジカル・リリース)。リリカルなピアノの輝きと共に色彩豊かでしなやかなSSWとしての魅力と才能が冒頭からあふれだし、中南米音楽特有の高揚感と清涼感を併せもつ複雑なリズムとたおやかな歌心に包まれるメロウな一枚で、カルロス・アギーレ/アカ・セカ・トリオ/スピネッタなどのアルゼンチン勢から“街角クラブ”に代表されるブラジル・ミナスの音楽を愛する方にまで大推薦したい、早くも2020年ベスト・アルバムの声もあがる注目作です。
アプレミディ・セレソンでお買い上げの方にはもれなく(通販含む)、橋本徹・選曲のスペシャルCD-R(どちらか1枚の方には『Best Of Suburbia Radio Vol.24』、2枚ともの方には『Best Of Suburbia Radio Vol.25』も併せて)をプレゼント致しますので、お見逃しなく!
※詳しいCDの内容は、橋本徹ロング・インタヴュー収録曲の全曲解説と 『Cafe Apres-midi Bleu』ライナーBantiライナーとUNITED ARROWS連載コラム「音楽のある風景」3月分4月分5月分をご覧ください!

V.A.『Cafe Apres-midi Bleu』(¥2,500+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

V.A.『Cafe Apres-midi Bleu』(¥2,500+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Banti『Proyecciones』(¥2,200+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

Banti『Proyecciones』(¥2,200+税)【画像をクリックしてWeb Shopへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

※コンピ『Cafe Apres-midi Bleu』を特集して、FM NORTH WAVEで6/6(土)19時から20時まで、橋本徹・選曲のノンストップ・ミックスがオンエアされますので、お楽しみに!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)選曲の新規プレイリスト2種が公開中!

橋本徹が選曲した、この春カフェ・アプレミディで予定されていながら7/25に延期となってしまったDJパーティー「Amapiano Life」のために、いま話題の南アフリカのダンス・ミュージックAmapianoの中でもジャジーでアーバン・メロウなテイストの名作を集めたプレイリスト「Amapiano Life Basics」と、キッズ・ブランドGRIS×アート・ディレクターFJD×セレクト・ショップLittowaのコラボ・プロジェクトのために、親子で聴いてすごしたい名作をオールジャンルで曲順にこだわりスタイリングしたプレイリスト「STAY HOME FLOWERS」が、Spotifyで公開されていますので、ぜひお聴きください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本徹(SUBURBIA)のインタヴューがフィーチャーされたNujabes〜Lo-Fi Hip Hopの特集記事がウェブサイトARBANで公開!

ジャズを中心としたカルチャー・メディアARBANに掲載されたNujabes〜Lo-Fi Hip Hopの特集記事に、橋本徹が90年代のNujabesとの出会いからLo-Fi Hip Hopの祖と言われる彼の音楽性の魅力や影響源、両者の共通点などについてまで詳しく語ったインタヴューがたっぷりフィーチャーされていますので、ぜひお読みください!(第1部はこちら第2部はこちらでお読みいただけます)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2020-05

WebShop from Toru Hashimoto(Suburbia) from Cafe Apres-midi from Apres-midi Selecao
Search
Feeds

Return to page top