現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: 00003424

HIROSHI YAMASHITA『SOMEWHERE MAN』

通常価格(税込): 2,700
販売価格(税込): 2,700
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:

Toru Hashimoto Recommend

橋本徹の友人であり音楽仲間の山下洋(Wack Wack Rhythm Band/Freedom Suite)のソロ・アルバム『Somewhere Man』が5/8に入荷します。コンピ『Free Soul Grand Gallery』に収録されたアル・クーパー「Back On My Feet」のグルーヴィー・ヴァージョンを含む、彼らしい選曲のソウルフルかつロックを感じさせるカヴァー集です。収録曲とオリジナル・アーティストは以下の通り、名作揃いですので、ぜひ!

01. PRETTY FLAMINGO (Manfred Mann)
02. NO MATTER WHAT (Bad Finger)
03. BACK ON MY FEET (Al Kooper)
04. MOTHER AND CHILD REUNION (Paul Simon)
05. LOVE THE ONE YOU'RE WITH (Stephen Stills)
06. WICHITA LINEMAN (Glen Campbell)
07. SMILE A LITTLE SMILE FOR ME (Flying Machine)
08. LAUGHTER IN THE RAIN (Neil Sedaka)
09. COME TO MILTON KEYNES (The Style Council)
10. GOLDEN LADY (Stevie Wonder)

【メーカー資料より】
1991年に結成されたWACK WACK RHYTHM BANDのメンバーとして、また自身のバンド、フリーダム・スウィートやDJとして フリー・ソウル・シーンを作った一人としても知られる、東京のポール・ウェラー と称される山下洋の待望の初ソロ・アルバムが遂に完成。山下自身が影響を受けたロック、シンガー・ソングライターなどの名曲、知る人ぞ知る隠れた名曲らを、石井マサユキ、井上冨雄、白根賢一、堀江博久からなる山下洋グループによるダイナミックなロックからHAKASE-SUNによるスカ、ロックステディ・トラック、太田桜子による真城めぐみをコーラスに迎えたラヴァーズ・ロック・トラック、ボサノヴァ、そして自身の弾き語りまで、とさまざまなスタイルで演奏したカヴァー・アルバム。 山下の甘く、そしてソウルフルな艶のあるボーカル、彼ならではのロックを感じれるギター、フリー・ソウルに影響を受けたミュージック・ラヴァーから、日本人が奏でるロック、ソウル好きまでに指示されるであろう、エヴァー・グリーンなサウンド。

〈Hiroshi Yamashita〉
Wack Wack Rhythm Band、Freedom Suite のメンバーとして一貫してファンキーなプレイを聴かせるギタリスト&ヴォーカリスト。91年にWack Wack Rhythm Bandを結成。Brand New Heaviesとのライヴ共演を経て、94年にEP『トーキョー・セッション』でデビュー。98年には1stアルバム『WEEKEND JACK』をリリース。近年は『WACK WACK RHYTHM BAND』、『SOUNDS OF FAR EAST』『XX CLASSICS』と傑作を発表している。バンドとしての活動はもちろん、DJとしても都内を中心に多数プレイ。リミックス/プロデュース活動やコンピレーションの編集や音楽ライターてしてなど多才なセンスの持ち主。特に橋本徹氏らと監修・選曲した『フリー・ソウル』シリーズは大ヒットとなりその影響力は絶大である。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。